ズッキーニグリーンボート2号
ぐりーんぼーとにごう

ウイルスに強く極濃緑色で高収量のズッキーニ

販売形態
  1. 小袋詰
  2. 100粒詰
  • 特性

    ●果実は極濃緑色の円筒形、長さ15〜20cmで収穫期です。
    ●低節位からの雌花着生に優れる早生品種です。特に出荷時期が短い遅まきで能力を発揮します。
    ●ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)およびスイカモザイクウイルス(WMV)に強く、高温時の病害による生産の不安定さの軽減が図れます。
    ●葉は極濃緑色で切れ込みが深く、草姿はやや立性です。葉裏のとげが少なく作業性に優れます。
    ●蔓は中太からやや細太で、茎折れしにくい点が特長です。

  • 栽培要点

    ●多めの元肥と、早めの追肥に心がけ、肥効が切れないように注意してください。
    ●老化苗定植は避け、若苗定植を徹底しましょう。
    ●ミツバチが訪花しない低温時には人工交配を行い、秀品生産に心がけてください。
    ●初期の低節位の雌花を摘花すると、長期収穫しやすくなります。
    ●子葉の付け根から発生する脇芽は早期に除去してください。 

  • ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)

    ●potyvirus属のウイルスで、本ウイルスを保毒したアブラムシにより非永続的に伝搬されます。
    ●ZYMVに感染したズッキーニは葉に激しいモザイク症状、果実にも奇形を生じます。
    ●虫媒のほか、汁液、接触などによっても伝染するため、被害が拡大しやすいです。対策としては、媒介するアブラムシの防除、抵抗性品種の利用などが挙げられます。

  • 作型表

同じカテゴリの商品