キャベツKE-739
けーいー739

在圃性に優れ、球締まりの良い多収品種

  • 特性

    ●播種後110日程度で収穫可能な中生品種で裂球が遅く、在圃性に優れます。
    ●球は濃緑色で、良くしまった甲高球となり、1球あたり1.5kg程度に揃います。畝間・株間を広めにすることで2.5kg程度の大玉生産も可能です。
    ●外葉はやや大型の立性で、生育は旺盛です。根の張りも良いため栽培しやすいです。

  • 栽培要点

    ●収穫期まで肥効が続くようにすると、球が順調に肥大を続け、大球となります。ベストマッチ等の緩効性肥料を用いると効果的です。
    ●球肥大と、球揃いを安定させるために、過度な密植を避けます。
    ●黒腐病が発生しやすい時期の栽培となるので、予防防除につとめます。

  • 作型表

同じカテゴリの商品