ライムギダッシュ

  • 硬盤破砕
  • アブラナ科根こぶ病菌密度低減
  • 黒斑細菌病耐病性
  • 特性

    ●最も早生タイプの“超”極早生種です。極早生ライ麦と比較し10日程度早く出穂します。
    ●麦類の中では春先の出穂が早く、早期にすき込みができるので、後作の播種、定植が余裕を持って行えます。
    ●えん麦よりも低温伸長性に優れるので、寒高冷地での年内すき込みでも多くの乾物量が得られ緑肥利用に最適です。
    ●ライ麦の中では耐寒性、耐雪性がやや劣ります。寒高冷地での越冬利用は「クリーン」がお勧めです。
    ●おとり植物としてアブラナ科根こぶ病の菌密度低減効果があります。

  • 播種量

    8~10kg/10a
    ブロードキャスター等で播種後、発芽を安定させる為ロータリーなどで覆土し鎮圧します。

  • 試験データ

     

     

     

     

     

     

     

  • 試験成績

  • 栽培体系例