トマト 養液栽培プラントカネコ スプレーポニック®(トマト)

トマトの葉面積指数を施肥でコントロールする窒素少量分施法!これもスプレーポニックだからできるのです。

従来のトマト栽培では、樹の勢いが強いと葉が茂りすぎ、トマトの実に栄養がいかずに収量減や品質低下を起こします。
窒素少量分施法は肥料中の窒素分を制限し、更にはスプレーポニックで均一な養液管理をすることで樹勢のコントロールを可能にしました。
これにより、コンパクトなトマトの樹で高品質なトマトをこれまで以上に多く収穫できます。

対応資材

おすすめ品種

  • 特徴

    コンパクトな樹で密植栽培が可能です。ハイワイヤー栽培でさらに高い収量が望めます。

  • 設備紹介

    無培地循環噴霧式


    ●培地を使わない噴霧方式のため培地の廃棄がなく、更新作業の省力化も図れます。
    ●養液循環タイプなので、環境に優しい養液栽培システムです。

    量的施肥制御法


    葉がコンパクトにできるので実にも光がよく当たります!
    ●量的施肥制御法とは窒素肥料を毎日必要な量のみ与える特殊な養液管理です。
    ●カネコ スプレーポニック®は量的施肥制御法を応用した新しいトマト養液栽培システムです。
    ●この栽培システムにより、高品質なトマトの収量アップを実現しました。

    長段密植栽培

    ●3500〜4000株/10aの密植栽培
    ●ハイワイヤー誘引法による年1作の長段栽培を推奨(地域や品種により他の作型も可能)