ヘアリーベッチまめっこ

  • まめっこの根粒着生
  • 硬盤破砕
  • 敷ワラ
  • 飛砂防止
  • 刈取り不要
  • 窒素固定
  • 黒斑細菌病耐病性

  • 特性と利用法

    ●旺盛な生育とアレロパシー効果により、雑草を強力に抑制します。
    ●耐寒性、耐雪性に優れたマメ科作物で、地力増進効果が高いです。
    ●4~5月に紫色の花が咲き、訪花昆虫が多く、蜜源にも利用可能です。
    ●開花後は自然に枯れ、敷ワラ状になり抑草効果が持続します。
    ●果樹園草生、耕作放棄地など、秋~初夏の飛砂防止、耕土保全に適します。

  • 播種期

    ・暖 地 9月~11月
    ・中間地 9月~11月
    ・寒 地 9月~10月
    ・北海道 4月下旬~8月中旬

  • 播種量

    3~4kg / 10a
    ※春まきも可能ですが、十分な被覆効果を得るために、播種量は4~5kg / 10aとします。

  • ヘアリーベッチ抑草効果試験(群馬県蚕糸技術センター)

    ●播種 平成12年11月
    ●播種量 3kg/10a
     
     
    ヘアリーベッチ「まめっこ」生育状況

     
    抑草効果

  • 栽培体系例

  • ヘアリーベッチ・えん麦混播栽培

    北海道、東北高冷地向けまめっこ(マメ科)と、えん麦(イネ科)混作で健全な土壌に改善します。
    ●播種期 7月上旬~8月中旬
    ●すき込み期 11月~12月
    ●播種割合 まめっこ5kg/10a、えん麦3kg/10a

     

    ヘアリーベッチとえん麦の混播栽培(北海道大空町)