レンゲレンゲ

  • 窒素固定
  • 景観形成
  • 特性

    ●窒素固定作用により土壌を肥沃にします。
    ●早春の景観緑肥、養蜂蜜源に適します。
    ※すき込み時期について
    開花始期では分解が早いため窒素肥料としての役目を果たし、開花終期では繊維質が多いため分解がゆっくり進み、地力増進効果が得られます。
    ※春まきでは開花しません。

  • 播種期

    ・暖 地 9月~12月
    ・中間地 9月~11月
    ・寒 地 9月~10月

  • 播種量

    3~4kg / 10a

  • 栽培体系例